iTunes Store(Japan)

2009年11月30日

Nokia N900

今日はNokia N900を紹介します。


まずはじめに、ITmediaの記事を。
 
Nokiaは8月27日、Linux搭載のスマートフォン「Nokia N900」を発表した。携帯端末でPCのようなユーザー体験を実現したとうたっている。
 N900はOSにモバイル向けLinuxの「Maemo 5」、ARM Cortex-A8プロセッサ、最大1Gバイトのメモリ、グラフィックスアクセラレーション技術OpenGL ES 2.0を採用し、同時に十数のアプリケーションウィンドウを開いて実行できるという。3.5インチのWVGAタッチスクリーン、スライド式QWERTYキーボード、32Gバイトのストレージ、500万画素カメラ、Mozillaベースのブラウザを備え、Adobe Flash 9.4を完全サポート。ワイヤレス通信はWi-Fi、HSPAに対応する。サイズは110.9×59.8×18ミリ、重さは約181グラム。

 Nokiaはスマートフォンに主にSymbian OSを採用しているが、「小型端末でコンピュータ級の性能を実現するよう設計されたMaemoは、Symbianなどほかのプラットフォームを補完する」としている。


うーん。iPhone3GSに対抗しているとも言われていますが、どうなんでしょ。

徹底的な高機能を目玉にしているということは、スタイリッシュで、かつ使いやすく、たくさんのユーザーに受け入れられるiPhoneとは、若干

路線が違うように見受けられます。

簡単に言えば、これだけのことが、これだけのスピードでできるこんな小さいデバイスなんだぜ、すごいだろ、といったことでしかないのです。

とにかく「最強」を目指したわけです。


まあ、これもこれで欲しいですけど。



NetWalker(SHARP)などがもしかしてライバルになるかもしれませんが、

やはりNokiaは世界でトップシェアの携帯メーカーだからか、デザインにおいて、少々差があります。(N900のほうが、はっきり言ってシンプルです)

OSも、やはりNokiaのほうがシンプルだとおもいます。



詳しいスペックは、ここ(「MoCell」さん)や、ここ(「脇見運転」さん)、ここ(CENTさん)、ここ(「iPhone情報配信局」さん)をご覧ください(ここという言葉をこれだけ多用したのは初めてです)




ラベル:NOKIA N900
posted by とうじ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。