iTunes Store(Japan)

2009年12月04日

Palm Pre

だいぶ古い話(発表は2009年1月8日)です。
いまさらという感じですが、「Palm Pre」を紹介したいと思います。

ううん? と思う人のために言っておくと、発音は「パーム プリー」です。

ジャンルとしては、スマートフォンの分野に入ります。

iPhoneと戦える最終兵器として有望でした。(でした、とは? その意味はこちらこちらです)

今、iPhoneと戦えるのは、Androidですかね。いやいやそんなことはない、やはりPalmこそが…。 はぁ、なんだと?

まあまあ、その辺にしておきましょう。



ご覧の通り、(何がご覧の通りじゃい! という突っ込みは後回しにして)かなり独特でシンプルなOSを搭載しています。ずばり、
Web OS」。詳しいことは、ここに書いてあります

それによれば、

「Palm Synergy」は、複数のソースから情報を収集し、webOS搭載の携帯電話上で閲覧できるようにする。例えば、Outlook、Google、Facebookのアドレス帳で同じ連絡先が重複している場合、Palm Synergyは自動的にそれを識別し、重複させずに1つだけ表示する。またwebOS携帯で連絡先をアップデートすると、複数のアカウントにある同一の連絡先にも反映される。複数のカレンダーを1つの画面に重ねて並べることも、1度に1つずつ閲覧することもできる。

とのこと。また、

同じ相手とのテキストメッセージやIMを含むすべてのやり取りを、チャット式のビューでまとめて見ることができる。連絡先から作成した友だちリストの誰が現在アクティブな状態であるかもひとめで分かる。

のだそうです。
もう一つ重要な機能があって、それは、複数のアプリケーションを同時に動かし、かつそれらを非常にクリエイティブなカタチで、シンプルに
観覧できる、ということなんです。

まずこのビデオを見てください。



こちらもあわせてご覧を。




OSはだいたい分かったと思います。
では、実際のハードウェアのほうを見てみましょう。













別売りの非接触型充電器。




写真をべたべた貼付けました。
上から四番目と五番目の写真は異常に大きいサイズ(3610×5999とか)です(だからどうこうっていうわけじゃないです)。


スペックです。

サイズ 100.5 x 59.5 x 16.9 mm

重さ 135g

画面(ディスプレイ) カラー TFT液晶 340×480ピクセル 発色数 1677万7216色 3.1インチ

CPU TI OMAP

バッテリー リチウムイオン電池 
  通話時間 5時間
  待受時間 300時間

Bluetooth Bluetooth 2.1+ED

GPS 内蔵

カメラ 300万画素 LEDフラッシュ内蔵 最高記録画素数2048x1536ピクセル

メモリ容量 8GB内蔵(これはOS等の元々入っているデータも込みの容量。実際には7.4GB程度)

WiFi 802.11b/g A2DPサポート

対応ファイル形式   
   Music MP3, AAC, AAC+, AMR, QCELP, WAV
   video MPEG-4, H.263, H.264

コネクト方法 MicroUSB v2.0 Hi-Speed  オーディオは、3.5mmステレオジャック

その他 加速度センサー内蔵 

(これらのスペックの正確さは保証しません)  

このブログ(「なんでpalmやねん」さん)や、このブログ(「Life is beautiful」さん)やこのブログ(「IT life hack」さん)も、ご覧ください。




posted by とうじ at 16:36| Comment(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。